やっぱりボックス

初めまして!色々考えてしまう方ですが、考察するのが大好きです!

NARUTOアニメ、ゾウリとワラジを考察してみました。

f:id:yuyakawayu224:20150202153252j:plain
今回はNARUTO、波の国の黒幕であるガトーのボディーガードをしていた侍、ゾウリとワラジについて、考察していきたいと思います。
アニメを重視しますのでご注意を…。
ゾウリとワラジ、かなりモブキャラになりますね。
多分殆どの方には忘れさられているキャラクターになります。誰だよ!?と思う方々も多いかとf^_^;)
何せ登場したのは原作で3巻のみですしf^_^;)

内容が長くなりますが、興味がある方は読んでやって下さいませm(_ _)m

どちらがゾウリかワラジかと言いますと

f:id:yuyakawayu224:20150201233710j:plain

ニット帽被ってる方が『 ゾウリ 』

f:id:yuyakawayu224:20150201233807j:plain
上半身裸のヤクザみたいな方が『 ワラジ 』
どちらもガトーの手下で波の国の人々を苦しめてましたが呆気なくナルトに倒されました。

しかしアニメを見ていると、気になる箇所が色々見られました。
考えすぎですが、私はこの二人のキャラクターを掘り返して、勝手にまとめて見ました。
この記事はこの二人のキャラクターのまとめと、私の勝手な解釈がてんこ盛りですので、御了承下さい。

彼らは『侍』ですが、鉄の国を彷彿させますね?関係あるかは微妙ですが、これは最後に書いてみたいと思います。



  • ゾウリとワラジは忍びか?

ちょっと前まで戦争中にネジが死んだ後駆けつけてくれた忍び達の中にチラっと映ってましたよね。多分分かった人が少なかったと思いますので画像をお見せしますね。
f:id:yuyakawayu224:20150202073820j:plain
お分かりいただけましたか?ちゃっかしソック・リーまでいますw
アニメスタッフの遊び心で終わりなのですが、ここは馬鹿になって真剣に考えてみたいと思います。

霧隠れの中忍ベストを着て登場してますね。霧隠れと言えば『 再不斬 』などが過去に所属していた隠れ里でした。


『 ここで中忍になるまでの間を書いておきます。
NARUTOの忍びとは忍者アカデミーに入学し何年か勉強して卒業試験に挑み、晴れて卒業できた人は、その後下忍になれるか超難関テストに挑まなければなりません。木ノ葉隠れは失格率66%の超難関試験でした。
霧隠れの場合は分かりませんが、かつては『 血霧の里 』と呼ばれた隠れ里です。
恐らく、かなりキツイと思います。
そして次に中忍試験ですが、これも様々な試験に挑み過酷なサバイバルに生き延びなければなりません。
中忍試験終了後これで上手くいけば気に入られて中忍になるのですが、やはり気が遠くなるような道のりです。
アカデミー卒業後から中忍昇格まで皆の平均データを見ると約3年?ぐらいです。
木ノ葉のルーキー(キバやロックリーなど)は皆、2年で上がれてます。
早い人は一年内でアカデミーを卒業し中忍昇格している人もいます。はたけカカシやヤマト辺りですね。やはり天才忍者と言えますね。 』

では話を戻しますが、『ゾウリ』と『ワラジ』は中忍?です。
ガトーが亡くなってから霧隠れに入ったと言う観方ができますが
f:id:yuyakawayu224:20150202092253j:plain
ナルトの蹴り一発食らって気絶した二人が、カカシみたいに一年以内で中忍になれるでしょうか?かなり短すぎる期間です。




◆ガトー死亡以来
そもそもガトーが死んでから3年後、ゾウリとワラジはどうしてたかと言うと、『ゾウリ』は波の国ではゴロツキをやっていました。
サスケ同様冷静な悪党でしたが、3年後の今じゃオラオラになって風格が悪党から小悪党になっちゃいましたね。
f:id:yuyakawayu224:20150202085048j:plain
f:id:yuyakawayu224:20150202084309j:plain


では『ワラジ』は何をして居たかと言いますと水の国の政治家である大黒天善のボディーガードとしていました。左にいる眼帯してる兵士が彼ですね。
f:id:yuyakawayu224:20150202084533j:plain
f:id:yuyakawayu224:20150202084827j:plain
ちなみにこの時彼らは再不斬の死を確認し断頭首斬り包丁を持っていく時です。
そして霧隠れの抜け忍である『再不斬』と『白』の死を始めて確認したのも彼らでした。

ワラジが何故か国側に着いてる描写がある事自体おかしいのですが、まだスルーします。
国側に買われてるワラジはまだ一年内に中忍になれる見込みがあっても
f:id:yuyakawayu224:20150202090158j:plain
こんな人がヤマトやカカシみたいに一年以内にアカデミーを卒業して中忍になれるなら誰も苦労はしませんよね。



でも彼らはどう言う訳か中忍であった事に変わりはありません。
しかしアカデミーを卒業し中忍昇格するまでの期間も短ぎるし彼らでは不可能に近いです。(というより一般の忍びの人達じゃ無理ですよね)
となると考えられる答えは一つになりますね。そう

『  つまり、二人は元から霧隠れの忍びだった。  』
<なんだってぇー…誰得ですねw
しかし、と言う事は今までの物事の観方も変わってきますよね。これからそれらを書いていきます。


◆矛盾

ゾウリとワラジが忍びとなるとガトー氏の発言に矛盾がうまれます。f:id:yuyakawayu224:20150202082659j:plain

ガトー氏の問題発言 その1
『アンタまでやられて帰ってくるとは、霧の国の忍者は余程のヘボとみえる!!』
f:id:yuyakawayu224:20150202093910j:plain
ガトー氏の問題発言 その2
『正規の忍びを雇えばやたらと金がかかる。そこでお前らのような抜け忍を雇ったのだ。』

など正規の忍びを雇うのは面倒と言ってます。霧隠れの忍びを雇って仲間を含めてまで相手をヘボと呼ぶのは変ですねw
再不斬に言うならまだしも、仲間のゾウリとワラジに大変失礼です。

ですので、ガトーはゾウリとワラジが霧隠れの忍びだと分からなかったと言えば辻褄が合います。


では何故ガトーには忍びだと伏せて、ボディーガードをしているのでしょうか?
恐らく察するに、霧隠れは闇の世界の帝王の裏顔を持つガトーは危険分子とみなされていたんでしょう。
これは情報通のカカシ先生でさえ知らなかった事ですので、他里も知らされてなかったのではないでしょうか?
ですがゾウリとワラジが忍びなら、上層部の人間に黙ってませんよね。
きっと報告はしていたんだと思います。


  • ガトーについて
f:id:yuyakawayu224:20150202111616j:plain
ガトーは海運会社・ガトーカンパニーを経営する大富豪ですが、裏では麻薬や禁制品の販売、企業や国の乗っ取りまで行う、悪徳組織の長の顔を持つ野蛮な人物ですね。
組織活動だけ観ると暁でさえ上回ります。
この悪行がカカシの耳に入らない事は、隠れ里がガトーに対して全く動いてない事になります。
つまりガトーが正式な忍びを雇わないのは自分の悪行が他里に漏れない為の工夫の一つだったのではないでしょうか?
それに波の国を支配していた時、出入りは禁止でナルト達を案内する人も皆なビクビクしていましたね。これはガトーの情報が漏れない為の活動だった事が分かります。
これはペインが暁の情報を漏れないように雨隠れの入国審査を厳しくした時と似ていますね。


ですが、ゾウリとワラジが霧隠れの忍びと言う事はガトーの活動を監視する、つまりスパイ活動を行っていた事になります。
つまりガトーに対する忍び活動は裏では行っていて、ガトーには気どられない様に動いてたのは五大国の前で表沙汰になってしまうと支配された国の人々が人質となり危険性が増すからだと思います。
正式な忍びを雇ったにしても、暗黙のルールみたいなものがあったとしても不思議ではありません。
だからやたらめったら、人前でガトーを話したり追求する事を禁じたと言えば、正しいかもしれませんね。



もしかしたら木ノ葉隠れの三代目火影であるヒルゼンが、ゾウリとワラジの情報を元にして、カカシ班にタズナの護衛任務を任せたのも偶然ではなかったのかもしれませんね。

元暗部にいた『はたけカカシ』だからこそできる、ガトー暗殺を託したと言えるかもしれませんね。

…ただタズナが逃げた先が木ノ葉隠れで良かったと私は思います。
きっと他里だと冷たくあしらわれたと思いますし。
うずまきナルト』はそんな事はしない。『三代目火影ヒルゼン』はナルトをそう見込んで任務を任せたと思います。

『 義を見てせざるは勇なきなり 勇将の元弱卒無し! 』
カカシ先生もこう言ってますし鬼兄弟の襲撃後でも、きっとあの時引き返したとしても話し合いをしようとしただけで、タズナを見捨てなかったと思いますよ。






  • 悪事が潰えたのはゾウリとワラジが原因か?

f:id:yuyakawayu224:20150202105838j:plain
ガトーは策略家です。当然身の保険の為にも、タズナ暗殺の為に人質をとる事も考えにいれます。
人質としてタズナの娘を襲ってきたのが、ゾウリとワラジでした。
しかしナルトの不意打ちで呆気なく倒されて拘束されました。

f:id:yuyakawayu224:20150202120659j:plain
上の画像はかつてイナリの父 カイザ
母のツナミと息子のイナリからしたらゾウリとワラジは父の仇でもありますよね。
しかし、タズナは義理父でありイナリの本当の父ではありません。
何処から来たのか詳細も不明なんです。
ですがイナリに勇気を教えた人物であり波の国を愛していましたね。

f:id:yuyakawayu224:20150202121207j:plain
ですが、ガトーコーポレーションに異を唱え、公開処刑されてしまいます。
殺した張本人は、ゾウリでした。
ですが彼は忍びであり一般市民に害を与えてはいけませんが、任務の為なら仕方ないのでしょうか?でも救える手段は沢山あった筈なんですよね。
しかし、カイザはイナリに意味深な事を言っているんですよ。

『 自分にとって本当に大切なものは…つらくても悲しくても…頑張って頑張って たとえ命を失うようなことがあったって この2本の両腕で守り通すんだ!! 』

この台詞はカイザの代名詞ですよね。その次の台詞です。

『 …そしたら たとえ死んだって男が生きた証はそこに残る… 永遠に… 』
カイザはまるで過去に何かあったような演出がされてますが、実はカイザ自身死ぬ事を覚悟していたのではと思います。

つまりカイザは裏でゾウリとワラジとは良くても悪くても繋がっていたのではないだろうか?
言ってしまえば、カイザは忍びなのではないでしょうか?

イナリや波の国の人々に、カイザはかなり信用され英雄扱いでしたが、あえて彼を殺す事で波の国を窮地に追い込まれます。
ですがカイザの死を経験し大切なものをこれ以上失わないようにと、再び波の国の人々を変えた一番の起爆剤だったと思います。
カイザの死があって、ナルトに諭される事でイナリは本当の勇気を知った。
その勇気を確かめたのが、ゾウリとワラジなんじゃないでしょうか?
繋がっていたとしたら、辿ればカイザがそうなる様に仕向けたとも言えますね。

ゾウリとワラジがイナリに目を付けるのには理由があるんじゃないでしょうか?
カイザが何故忍びではないかと思ったのには理由があるんです。その理由は至極簡単なものですがこれ以上書くと話が脱線するので、また今度の機会で。
あと…
f:id:yuyakawayu224:20150202124119j:plain
ナルトが駆けつけた理由としては、イノシシが斬られていて、木々が斬られていた跡を辿れるとイナリの家に向かっていたからなんですが、私は最初これは偶然だと思っていたんですね。

ですが、そうじゃないのでは?
と思えてきたんです。理由はこちら↓。

◆『 イナリ試される勇気  』では
ガトーが死亡し、波の国の人々に追い張られた連中でしたが、ガトーの残党達は凝りてませんでした。
f:id:yuyakawayu224:20150202130451j:plain
それを知ったのは、ゾウリとワラジがイナリとアカネ達を人質としてアジトに誘拐し全てを話した所から始まりました。

f:id:yuyakawayu224:20150202131022j:plain
ゾウリは自分達がガトーになり再び波の国を支配するとイナリ達に脅し、屈しないイナリに短刀を投げつけ、壁に突き刺します。(時代劇によく観る演出ですよね!)
ですが間抜けですよね。
はたから見れば、内容の全てを話して逃げる手段を与えてしまった様なものです。

案の定イナリ達は壁に刺さってる短刀を使ってアジトから脱出します。
窓に罠がありましたが、それでもガトーの残党達から離れられましたね。
f:id:yuyakawayu224:20150202132016j:plain
f:id:yuyakawayu224:20150202132041j:plain
当然逃げたしたイナリ達を追いかけるガトーの残党達ですが、何故かゾウリとワラジの姿がありませんでした。


何してたんでしょうか?こちら↓

サスケェ氏『 まだ新しい傷だな 刀傷か… ? 』

f:id:yuyakawayu224:20150202132347j:plain
f:id:yuyakawayu224:20150202132517j:plain
試し切りした跡がありました。
イノシシの時と同様でした、これで二度目です。
ナルトとサスケはこの傷からしてガトーの残党達が犯人だと察せられています。(イナリを探さないで何してんのワラジ…)
これらがキッカケでナルト達はアカネ達と合流し、イナリを救出する事ができました。


ガトーの残党達はナルト達に敗れますが、さてこの回のゾウリとワラジは考えてみればかなり変ですよね。
悪党としても良く演出されてますが、観てみれば間抜けが後を絶たないですw
一番の目の付け所はイノシシを斬り捨てた時と全く同じ場面です。又してもナルトにしてやられてます。
悪党だから単純だったと考えれば容易ですが、後に彼らは忍びだと分かりますよね?

私が察するにナルト達か波の国の人々が来る事を予期していたのではないでしょうか?
だからあからさまに木々に傷を付けたりして、ナルト達を導いてるのではないでしょうか?

彼らは同じ忍びです。
ガトーの残党達の悪事を波の国の人々に対応して貰いたいのでしょう。

ゾウリとワラジがガトーの残党を倒しても良いのでしょうが、それでは隠れ里を持たない波の国が奇襲を受けた時などに強くなれません。

ゾウリが言うに『あいつらが消えれば、忍びのいないこの国で俺達を邪魔をする奴らもいなくなるからなぁ』とイナリに言っています。
つまり、波の国は悪党に立ち向かえる勇気ぐらいないと波の国は滅ぶ危険すらある訳ですから。

それにガトーになってやると言った割にゾウリとワラジは、ガトーになる事に野望を抱くガトー残党達と輪から外れていました。
ゾウリは彼らを好いていませんでしたしね。
f:id:yuyakawayu224:20150202141405j:plainf:id:yuyakawayu224:20150202141542j:plain

でも今の波の国の人々は自分達で波の国を守れるぐらいに勇敢になりましたよね。
(ですが後々、これが傲慢に変わり新たな…これ以上はネタバレになるので避けますね)



◆再不斬と白の死は霧隠れにどう伝わったか?


無論霧隠れでは、木ノ葉の忍びが倒した事になっていますね。
だけど再不斬の大刀の回では、政治家のテンゼン達が倒したと偽の情報が広まめていましたよね。

f:id:yuyakawayu224:20150203000226j:plain
彼が汚職政治家の大黒天善。かつて水の国の大名の側近だった一人です。
再不斬を倒したと嘘の情報を流していた大盗賊団の頭領ですね。


これに腹を立たせた水月ですけど、霧隠れの忍び達にはしっかりと正式な情報が通っているんです。五影会談の時に青が言っていまし。
f:id:yuyakawayu224:20150203003229j:plain
メイ 『 あの写輪眼の… 』
青『  再不斬と白を殺った奴か… 』 
青や水影も木ノ葉の忍び達が倒したと、忍びの世界では正式な情報が通っているんですよ。

だけど水の国の政治家であるテンゼンが来る前までは、水の国は再不斬と白の死は伝わってませんでした。
伝わってなければ、再不斬と白を探したりなんかしませんよね。
二人の墓を確認し断頭首斬り包丁を持っていき初めて死亡が確認されました。
政治家であるテンゼンですが再不斬と白を倒したと言う偽った情報を広める中、再不斬達の死の真偽を知る者は波の国の人々と第七班、ガトーの残党達ぐらいであり、その場に霧隠れの忍びはいません。

でもワラジとゾウリが霧隠れの忍びならば話が変わってきます。 
再不斬の大刀の回では、ワラジは国側に着いている描写もあり、テンゼンが再不斬と白の死を確認した際、ワラジも付き添っていますね。↓
f:id:yuyakawayu224:20150202084827j:plain
大黒天善は自分が倒したと偽って政治活動してるんでしょうが、霧隠れの忍びが偽る必要なんかありませんね。
つまり再不斬の死を確認し、そのまま霧隠れに伝えた忍びはワラジで間違いないと思われます。
暁に属している鬼鮫でさえ、木ノ葉に来て早々、カカシに再不斬の話を持ちかけてますから、このシーンはナルト達が波の国から去った後の話になります。

巧みにNARUTOで最初に『 ワ 』が付く名前のキャラクターは『 ワラジ 』だけなんです。
作者はワラジについて、なんかしら思いれがある?のかもしれないですね。

  • 二人の名前について

ゾウリとワラジの名前が面白いですよね。
観るからに履物コンビですが、漢字にすると草履と草鞋ですよね?

ワラジは恐らく『 二足の草鞋を履く 』ということわざからきていると思います。
この意味は 『ひとりの人が、全く違う、2つの仕事を、もっていることのたとえ。 』
と言う意味があります。
ワラジはガトーのボディーガードとして雇われてますが、その傍ら忍びとして再不斬やガトーを監視ししていたりなどの二つの仕事をこなしていました。
現にワラジは再不斬と白の死を確認するなどの重責を担ってからだとも見れます。

ゾウリは履物の草履を思い浮かべますよね?
実は別の漢字の観方にもできるんです。
それは『 贓吏 』(ぞうり)又は『 賍吏 』(ぞうり)という観方があります。恐らくこっちの方が正しいと思います。

この漢字の意味は
『 賄賂(わいろ)をとる役人。不正な利益をむさぼる官吏。』になるんです。
明らかに役人は忍び、官吏は大黒天善のような汚職な政治家です。
ゾウリの名前もまた意味ありげなものになりますね。

ネタバレになるかもしれませんが、新章では波の国は金に絡んできますしね…。今後もしカカシ秘伝にてアニメ化されるなら、ゾウリとワラジはアニメでまた出てくるかも?しれませんね。
波の国に関わると必ず出てきますからねこの二人はw
今度はガトーの残党ではなく、忍びとして出てきてほしいですね。


  • 鉄の国との関連性は?

f:id:yuyakawayu224:20150203013519j:plain
最後になりますね。
彼が居合の達人、ミフネ氏。
鉄の国の総大将の方ですね。
彼の形の剣技の特徴は、抜刀術を始め刀を抜いた瞬間に相手を斬り捨てる、その速さは印を組む前に相手を瞬殺する程の五影と並ぶ侍。

部下達は皆、刀にチャクラを流し込む剣技を習得していました。

ゾウリとワラジはチャクラを刀に流し込む描写はありませんでしたね。
f:id:yuyakawayu224:20150202073820j:plain
しかしゾウリとワラジはあの強敵である大量のゼツ達から生き残れた中忍です。



◆ゾウリとワラジの忍び/侍としての実力は?

チャクラの扱いをマスターしてないと、とてもじゃないと中忍にはなれませんので彼らも本気を出せば、鉄の国の侍達と同じく剣技が使えるかもしれません。
しかもあの時は、盗賊の上がりのような侍を演じてますし、けちんぼなガトーが安金で雇える侍を演じなければならないです。そう考えるとハンデはかなりあったと思えます。
( ガトーがゾウリとワラジが正規の忍びだと知っていたら、抜け忍の再不斬は雇えませんし鬼兄弟をも雇う必要もないですよね。 )

ゾウリとワラジの剣技にナルトの影分身でさえ全く通じていませんでした。
遊んでいた感じにも見えます。
その剣技にチャクラを流し込むと想像しただけでも、かなり強く感じられませんか?
しかも正規の忍び同士が殺しあえば今迄の関係も崩れてしまいます。
抜け忍のウタカタを追っていた追い忍達とヤマト隊長が言い合っていましたよね。

隠密行動していたゾウリとワラジの事は、当然相手は知らないだろうし殺しに来るでしょう。
ですがゾウリとワラジは相手が木ノ葉隠れの忍びだと知ってますから殺す事は出来ないです。
それに里長である影達も裏では繋がっているでしょうし。

そう考えてくるとナルトに一発で蹴られて気絶したのが嘘のようにも感じてきます。

つまり手を抜いていたのではないでしょうか?木ノ葉の忍び達がやりやすいようにと。なんだかゾウリとワラジが中忍なのか怪しいですが、暗部の忍び達なんでしょうか?

ゾウリとワラジは中忍ベストを着てますから中忍〜上忍の立場の可能性もありますし、暗部の忍びとも考えれますね。
悪党やゴロツキへと一般市民を装ってますし可能性はありますが、まだ分かりません…。

もし彼らが忍びとして登場した際は、カイザや霧隠れと波の国の裏側が語られるんじゃないでしょうか?微妙ですけどね。

まあ全て憶測です(o_o)
たんなるスタッフの遊びなら其処までですね(o_o)

ではこれにて以上になります。
最後まで観ていて下さり、ありがとうございます!
以上、モブキャラのモブキャラ、ゾウリとワラジの解説でしたm(._.)m